ドクターケアワンはチワワの涙やけに効果ありって本当?

ワンちゃんの涙やけは、添加物の摂取や

粗悪なドッグフードの常用が原因とされています。

 

ドクターケアワンは配合成分の安全性や

健康志向を目指したドッグフードなので、

添加物や保存料などが含まれておらず、

涙やけ改善に効果があると言われています。

 

仔犬以外のすべてのワンちゃんに

与えることができるドクターケアワンですが、

人気犬種ランキング2位にも選ばれ、

多くの人から愛されているチワワに対しての

効果はどうなのでしょうか?

さっそくみていきましょう。

 チワワは涙やけが起こりやすいの?

涙やけの正体は、文字のまま「涙」が

溜まってできるものです。

この涙で濡れてしまった毛や皮膚が

放置されることによって、

細菌が繁殖し、茶色へと変色します。

 

すぐに拭き取って対処している飼い主さんも

多いかと思いますが、チワワのように

涙が溜まりやすい犬種ともなると、

濡れている状態を完全に乾かすことも困難。

 

そのため、チワワは涙やけが

起こりやすいと言われています。

 

また、一般的に涙やけと言われていることが

ほとんどですが、涙やけは通称で、

本来は流涙症といった鼻涙管が

詰まる症状のことを言います。

 

チワワは特に涙の通り道が狭い犬種ですので

流涙症にかかりやすく、

他のワンちゃんに比べて

目周りのケアに注意をはらわなければいけません。

 涙やけはドッグフード次第で悪化することも

そもそも涙やけは、添加物や防止剤、

粗悪な成分の摂取によって起こる

ことの多い症状です。

基本的に添加物はカラダの中で

消化できないものなので、

摂取を続ければ続けるほど、

体内に添加物を溜め込んでいくことになります。

 

体内に溜まった添加物は、

次第に老廃物へと姿を変えて

鼻涙管の通り道を阻害していくため、

涙やけを引き起こしやすくなってしまうのです。

 

涙やけトラブルを改善するためにも、

普段愛犬が口にしているドッグフードを見直し、

カラダに負担のかかる原料が

入っていないかを今一度確認してみてください。

 

添加物や防止剤(特にBHABHT・エトキシキン)が

使用されていたら、要注意!

 

BHAやBHT、エトキシキンは発がん性物質で、

除草剤や駆除剤などに使用されるような

危険な防腐剤です。

 

ドッグフードを長期間保存することだけが目的で、

ワンちゃんのカラダに良いわけがありませんのでご注意を!

 

ちなみに、ドクターケアワンは

これらの防止剤を使用しないかわりに、

天然の防止剤の役割を持ったビタミンE

配合することで、品質を安全に保っています。

 ドクターケアワンはチワワの涙やけに効果あり!

ドクターケアワンが涙やけに効果があるといった最大の理由がこちら。

 添加物が一切使用されていない

 人口的な防止剤が使用されていない

 原材料もカラダへの負担を最小限に抑えている

 

このように、涙の通り道の邪魔をする添加物や

防止剤が一切使用されていないだけでなく、

ワンちゃんのカラダに負担のかかる原料も

最小限に抑えているので、チワワのように

鼻涙管が狭いワンちゃんにも効果的なのです。

 

今まであまり質のよくないドッグフードを

食べていたワンちゃんも、ドクターケアワンに

切り替えることで涙やけトラブルを

改善できている声が多数あがってきていますので、

愛犬の涙やけに困っている方は試してみる価値あり!

 

詳しい配合成分や原材料、

また、それ以外にも幅広い効果などが

公式サイトに詳しく掲載されていますので、

気になる方はご参考になさってみて下さいね。

<<ドクターケアワンの特別割引価格はこちら>>